NTT法改正、主要なポイントと今後に向けて

2024年4月17日に、NTTの研究成果の開示義務などを廃止する改正NTT法が成立しました。
この改正法は、通信業界の競争環境の整備やイノベーションの促進を目的としています。


改正法の主な内容

研究成果の開示義務の廃止
NTTコミュニケーションズへの移行期限の延長
NTT東西の設備の共同利用義務の緩和
総務省への監督権限の強化


改正法の意義と今後の課題

この改正法は、NTTの研究開発活動を活性化し、新サービスの開発を促進することが期待されています。
また、通信事業者の間の競争を促進し、利用料金の値下げにつながる可能性もあります。

一方、改正法によって、NTTの独占力が強化される懸念も残されています。
今後、総務省は、改正法の施行状況を監視し、必要に応じて適切な措置を講じることとしています。




<関連する記事>



改正NTT法が可決、NTT法を巡る議論は今どうなっているのか
…式会社等に関する法律の一部を改正する法律」(改正NTT法)が可決されたこと。これによって従来、NTT法によって日本電信電話(NTT)に課せられていた、…
(出典:PHILE WEB)

KDDI・ソフトバンク・楽天モバイル、4月17日成立の改正NTT法に見解--時限規定に「強い懸念」再び
…株式会社等に関する法律の一部を改正する法律」(改正NTT法)に対する見解を発表した。  改正NTT法の見直しに意見を表明した電気通信事業者・地方自治体…
(出典:CNET Japan)

改正NTT法が成立 研究結果の開示義務を撤廃
 付則には「NTT法の廃止を含め検討」とした上で、来年の通常国会をめどに「必要な措置を講じるための法律案を提出する」と明記した。  NTT法を巡っては、…
(出典:共同通信)

<関連する画像>